黒クマにはこのアイクリームで決まり!原因とおすすめ成分から徹底解剖!

外見年齢を大きく左右するといわれている目元。

皮膚が薄い目元は、顔の中でも特に年齢が出やすい部分だと言われています。

スキンケア 黒クマ 悩み
シワやたるみなど様々な悩みが出やすい目元ですが、特に多くの女性を悩ませるのが目の下にできる『黒クマ』です。

影クマとも呼ばれる黒クマは、顔全体をどんよりと暗い雰囲気にし、若々しさを一気に奪い取ってしまいます。

アンチエイジングを頑張る女性にとって、大敵ともいえる黒クマ。

今回は黒クマができてしまう原因、そしてできてしまった黒クマを解消するためにおすすめの成分や、黒クマ改善に効果的なアイクリームを紹介していきます。

不健康な印象に…黒クマの原因を徹底解説!

クマはその名の通り、目の下に黒い影のようなものできてしまうタイプのクマです。

黒クマ
黒クマの原因は、大きく二つあるといわれています。

まず一つ目が、加齢により眼窩脂肪が前方に飛び出すことにより、引き起こされるものです。

眼窩脂肪が飛び出してくると、目の下に膨らみができ、その影が黒クマをつくってしまうのです。

もう一つの原因は、加齢による皮膚自体のハリ不足です。

年を重ねると真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、肌にハリを与える成分が減少していってしまいます。

そうなると目元の皮膚にたるみが生じるようになり、その影によって黒クマが発生してしまうというわけです。

黒クマはどちらも根本的な原因は違えど、皮膚のたるみとそれによって生じる目の下の影によって引き起こされます。

さらに厄介なのはこの二つは加齢によって同時に生じやすく、濃くしぶとい黒クマとなってしまうことです。

黒クマにはどんな成分が効果的?


黒クマ 成分 効果
顔を老けた印象に見せてしまう黒クマ、どうにか解消する方法はないのでしょうか?

黒クマの対策には、アイクリームが効果的だと言われています。

しかしショップを見るとたくさんのアイクリームがあって、どれが本当に黒クマに効果的なのか、よくわからないですよね。

そこでここからは、黒クマにはどんな成分が効果的なのかを考えていきたいと思います。

アイクリームなどを選ぶとき、ここで紹介するような成分が配合されているものを選ぶと、黒クマに効果を発揮してくれるかもしれません。

1)コエンザイムQ10

黒クマの大きな原因の一つに、加齢による肌のハリ不足が挙げられます。

コエンザイムQ10は、肌にハリやうるおいを与えてくれる、若々しい肌を保つためには欠かせないとされる美容成分の一つです。

コエンザイムQ10
しかし、コエンザイムQ10は20歳から徐々に減っていき、40代になるころにはピーク時から30%近く減少しています。

目元のたるみによる黒クマを解消するためには、ハリを取り戻してくれる美容成分であるコエンザイムQ10が欠かせません。

2)レチノール

ビタミンAの1つであるレチノールは、目や皮膚の粘膜を健康に保つ効果のある成分としてしられています。

スキンケア レチノール誘導体
主な役割に

  • ターンオーバーの促進
  • コラーゲンの生成のサポート
  • 皮脂分泌の抑制
  • 紫外線ダメージの軽減

などが挙げられ、加齢によって衰えてしまう肌本来の機能を、手助けしてくれる成分となっています。

3)ヒアルロン酸


スキンケア ヒアルロン酸 イメージ
アンチエイジング化粧品の成分としては、非常に有名なヒアルロン酸。

肌の保湿性や弾力を保ち、しわやたるみを予防してくれるヒアルロン酸は、目元のたるみが原因で引き起こされる黒クマ対策にもうってつけの成分です。

黒クマに効果があることはもちろんですが、目元のかさつきや乾燥による小ジワなどにも、効果を発揮してくれます。

黒クマにおすすめアイクリーム


ここからは実際に、黒クマに効果が期待できるおすすめのアイクリームを、商品画像や値段などを含めて紹介していきます。

DHC薬用Qショートリンクルクリーム


DHC薬用Qショートリンクルクリーム

大手の化粧品メーカーとして有名なDHC、アイクリーム一つとっても様々な種類のものがありますが、中でも目元の黒クマにおすすめなのはこの「DHC薬用Qショートリンクルクリーム」です。

「DHC薬用Qショートリンクルクリーム」は、美容成分コエンザイムQ10を10倍濃度で配合。

濃密なアイクリームでケアし、ピンとハリのある目元を叶えます。

非常にこってりとしたクリームとなっているので、皮膚が薄く美容成分が留まりにくいと言われている目元にも、しっかりとアプローチをしてくれます。

肌に透明感を与える薬用成分水溶性プラセンタエキスや美白薬用成分であるプラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなども配合されており、目元のあらゆる悩みにアプローチできるアイクリームとなっています。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合と、敏感な目元に使っても安心な点も、非常にうれしいですね。

価格は1本あたり3,291円(税込)となっています。

内容量が25gでこのお値段のため、アイクリームの中では比較的お財布にも優しいのではないでしょうか。

公式サイト DHC


キラリエ アイクリームⅢ


キラリエ アイクリームⅢ

口コミで話題のキラリエのアイクリーム。

黒クマはもちろんですが、これ一本でシミやくすみ、たるみなどあらゆる目元の悩みを解消してくれる、非常に優れたアイクリームとなっています。

キラリエアイクリームの注目成分の一つが、生レチノールです。

黒クマ対策に効果が期待できる成分であるレチノールですが、キラリエのアイクリームはさらに高い効果が期待できる生レチノールを使用。

目元を保湿しハリや弾力を蘇らせることで、黒クマを改善していってくれます。

その他にもコラーゲンやペプチドなどの美容成分を、たっぷりと配合。

価格は1本あたり2,980円(税込)ですが、定期コースなどは特別価格が適用されるため、使い続ければさらに値段は下がっていきます。

アイクリームは継続して使って、はじめて効果がでてくるものなので、使い続けるほど値段がお得になっていくのは非常にうれしいですよね。

公式サイト キラリエⅢ


ファンケルアイセラム


ファンケル アイセラム

ファンケルといえば、ダイエットサプリメントなどを販売している印象が強いかもしれませんが、実は無添加化粧品のメーカーとしても有名なんです。

ファンケルのアイクリーム「アイセラム」も、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていない、無添加のアイクリームとなっています。

植物性シール成分を配合し、デリケートな目元の乾燥を集中ケア。

皮膚が薄く刺激を受けやすい目元にも優しい使い心地となっていますが、うるおいを保持力は抜群であり、ふっくらハリのある目元にしていってくれます。

肌に優しくても効果がないのでは…と思うかもしれませんが、2015年のベストコスメアワードアイケア部門第二位に輝いていることからも、効果も期待できることがわかるでしょう。。

価格は1本あたり8g入りで1,836円(税込)なので、ややお高めになります。

ですが敏感な目元に安全なものを、と考える人には、非常にオススメです。

公式サイト ファンケル


個人的におすすめのアイクリームは「DHC薬用Qショートリンクルクリーム」


美容成分コエンザイムQ10を10倍濃度で配合した、DHC薬用Qショートリンクルクリーム

DHC薬用Qショートリンクルクリーム

売り上げ2000万個突破という謳い文句は伊達ではなく、価格に対して高級感のある使い心地が嬉しいアイクリームとなっています。

またDHCという大手メーカーの商品であるため、通販だけでなく実店舗で購入できる点も嬉しいですよね。

公式サイト DHC