目元のクマはアイクリームのケアがおすすめ

目元は顔の印象を、大きく左右するパーツだと言われています。

年齢を重ねるごとに目元はシワやたるみなどが目立ってきますが、年齢問わず女性を悩ませるのが『クマ』です。

クマというと、寝不足などで発生するもの…というイメージが強いかもしれませんが、実は加齢による肌のたるみやハリ不足、色素沈着、さらには血行不良が原因で引き起こされるものなど、その種類も原因も様々なんです。

また、クマの種類によって対策も異なってきます。

共通して言えるのは、目元のクマ対策にはアイクリームでのケアがおすすめだということです。

目元にできるクマの種類と、それぞれどのような成分やアイクリームでのケア方法が有効なのか。

目元のクマの種類とアイクリームでできるケアについて、解説をしていきたいと思います。

クマに効くアイクリーム総合ランキング


まずは、総合的に見てクマに効くおすすめのアイクリームをランキング形式で紹介していきます。

総合ランキングで選んだアイクリームは、以下の3点に着目しピックアップしました。

  • 1つのクマだけでなく、様々なクマをはじめとした目元の悩み対応
  • クマに効果的な成分
  • 購入しやすい価格帯かどうか

1位:b.glen(ビーグレン) トータルリペアアイセラム



1位のアイクリームは「b.glen(ビーグレン) トータルリペアアイセラム」です。

たるみ、くすみ、ハリ不足、乾燥、しわ、肌荒れという、目元のあらゆる悩みに着目し、これ一本でその悩みを解消してくれるアイクリームとなっています。

目元のクマの原因は、たるみやくすみ、ハリ不足、乾燥、肌荒れなどによって引き起こされるものがほとんどのため、クマ改善にも効果を発揮してくれます。

ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSome®によって、15種類もの美容成分を超微小カプセルに閉じ込めて、目元のあらゆる悩みへ同時にアプローチ。

さらに、その美容成分をしっかりと目元に滞留させ、長時間効果が持続するようになっています。

目元は色々な悩みを抱えている女性が多いので、一本でアイエリアを丸ごとケアしてくれるアイクリームというのは、とてもありがたいですよね。

ビーグレン トータルリペアアイセラムは口コミサイトなどを見ても非常に評判が良く、伸びが良いのにベタつかず、目元のクマやたるみなどが改善したという声が多いです。

また、価格に関しては15g入って8,640円(税込)となっています。

良いアイクリームは何万円もするというイメージがありますが、ビーグレン トータルリペアアイセラムは、性能だけでなく、続けやすい値段にもこだわっています。

目元の悩みに総合的にアプローチしてくれるアイクリームでこの価格なのは、コスパ的にも非常に優れていますよね。

http://www.bglen.net/nc/eye/se/index.html?a8=dA9X5AzqGioyg9ooo6VXA9ci7vM5RvHUbqSU_9VT0renJE9HJF9iBE3qQA9Xb

いきなり製品版を買うのは不安という方は、1週間のトライアルセットである「目元ケア トライアルセット」を購入してみるのがおすすめです。

こちらはアイクリームはもちろん、洗顔やローションなども入っており、とてもお得となっています。

トライアル価格はなんと1,944円(税込み)と手が出しやすいので、気になっている人は是非お試ししてみてはいかがでしょうか。

http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=878


2位:アテニア


画像

2位のアイクリームは、アテニアというブランドです。

目元の「くぼみ、小ジワ、たるみ」といった悩みに、たった1本で対応してくれる心強いアイクリームです。

アットコスメの2016年アイケア部門でなんと2位を獲得しているほど、口コミでも評判が良いんです。

そうなってくると、かなりのお値段がするのかと思いきや、広告費やコストを削減して3,291円(税込)と非常にコスパの良い価格設定になっています。

今はハイブランドは買えないけど、もう少し安くて同等の効能を期待できるアイクリームが欲しい!

そんな方にはおすすめのアイクリームです。


3位:ディセンシア「アヤナス」


画像
3位のアイクリームは、ディセンシアの「アヤナス」です。

肌が弱くてなかなか色んなスキンケア商品に手を出しづらい。。。

そんな方には、このアヤナスがぴったりなんです。

なんと、ディセンシアは『敏感肌』の方のために作られたブランドで、その中でもアヤナスはプレミアムエイジングケアシリーズに分類されます。

アヤナスのアイクリームは、敏感肌特有のくすみとシワが合わさってできる影ジワに着目。

血行促進やバリア機能を高めるなど肌荒れしにくい土台作りをしながら、コラーゲンやそれを支える繊維芽細胞の産生促進する成分をふんだんに配合しているので、黒クマや青クマに効果的なアイクリームなんです。

単品価格は15gで5,400円(税込)ですが、トライアルセットが1,480円(税込)で準備されているので、お試し購入もしやすく安心して購入できます。



目のクマの種類とそれぞれのクマへの対策とは?




一口に目のクマといっても、実は種類も原因も様々です。

そして、アイクリームなどによる対策も、その原因に応じてケアをしていかなければなりません。

目のクマの種類と、それぞれに応じたクマへの対策、そして効果的なアイクリームの成分を紹介していきます。

自分の目元にあるクマはどのタイプのクマなのか、チェックしてみてください。

黒クマの原因と対策


「影クマ」とも呼ばれる黒クマは、目の下に黒い影のようなものできてしまうタイプのクマです。

黒クマの原因は、大きく二つあります。

まず一つが、加齢により目の周りの脂肪が萎縮したり、皮膚がたるむことで、皮膚にへこみができ、その影によって発生する黒クマ。

もう一つが、加齢により眼窩脂肪が前方に飛び出すことで目の下に膨らみができ、その影によって発生するという物です。

どちらも根本的な原因は違いますが、黒クマはたるみと、それによって生じる目の下の影によって引き起こされるクマであるということは共通しています。

対策としては、目の周囲の皮膚はもちろんですが、筋肉が衰えないようにすることです。

目の周辺にヒアルロン酸を注入しへこみをなくす、眼窩脂肪を取る脱脂術などの手術を行うといった方法もありますが、ここまでくるとかなり大掛かりになってくるので、時間も費用もかかります。

アイクリームを使いながらマッサージをすることで眼輪筋を鍛えたり、ハリを取り戻す成分が配合されたアイクリームを使うだけでも、継続すれば効果は出てきます。


茶クマの原因と対策


目の周辺が広範囲で、茶色にくすんでいるのが茶クマです。

クマというよりはシミのように見える茶クマは、見た目からしていかにも「おばさん」といった雰囲気が出てしまいます。

それもそのはずで、茶クマの原因は過剰生成されたメラニンであり、肌が色素沈着を起こしている状態なんです。

つまり茶クマと呼ばれてはいますが、正確にはシミの一種ということになります。

なので茶クマは、美白成分の入ったアイクリームでケアしていくことで、改善していくことができます。

シミに対するケアと似ていますが、目元は美容成分が留まりにくいうえ敏感な箇所なので、きちんと専用のアイクリームを使うようにしましょう。


青クマの原因と対策


目の下に青っぽいクマが広がってしまう青クマ。

黒クマや茶クマが加齢によるたるみや色素沈着で発生するのに対して、青クマは血行不良が原因で出来てしまうクマになります。

比較的若い女性にもできやすいクマであり、特にデスクワークなどで事務作業が多い人は血行が悪くなりやすいので、気がついたら目の下にどんよりと青いクマが…なんてことも。


青クマは血行の悪化が原因で発生するクマなので、身体を温めたりストレッチをしたりして、血行を促進することが大切です。

またアイクリームを使い目元の皮膚にハリと厚みをしっかり持たせれば、目の下の血管が透けなくなるので、青クマも防止できます。


クマの種類別おすすめアイクリーム




アイクリームの総合ランキングを最初に発表させていただきましたが、ここからは上記で紹介した黒クマ、茶クマ、青クマにピンポイントで効果が期待できるアイクリームを紹介していきます。

自分が悩んでいる種類のクマに、ダイレクトにアタックできるアイクリームで、クマを解消していきましょう。


黒クマにおすすめのアイクリームは「DHC薬用Qショートリンクルクリーム」


大手の化粧品メーカーであるDHCが発売しているアイクリーム「DHC薬用Qショートリンクルクリーム」。

美容成分コエンザイムQ10を10倍濃度で配合した濃密なアイクリームは、ピンとハリのある目元へと導いていってくれます。

肌に透明感を与える薬用成分である水溶性プラセンタエキスや、美白薬用成分であるプラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、あらゆる美容成分がたっぷり配合。

クマをはじめとした目元のあらゆる悩みに、総合的にアプローチできるアイクリームとなっています。

価格は内容量が25gで1本あたり3,291円(税込)と、こちらもアイクリームとしては比較的お財布に優しいお値段です。

DHCは全国に店舗を構えているので、実際お店に行って購入できるという点も嬉しいですね。

https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22224

茶クマにおすすめのアイクリームは「北の快適工房 アイキララ」




年齢とともに悪化する目の下のクマをはじめとした悩みに、隠すのではなく内側から働きかけ改善していくことをコンセプトに作られたアイクリーム「北の快適工房 アイキララ」。

コラーゲンをサポートするMGAというビタミンC誘導体の一種を配合しているため、皮膚が薄く年齢が出やすい目元の肌にも、しっかりとハリと潤いを与えてくれます。

また、肌にハリが生まれると同時に、新しい肌が作られどんどん生まれ変わり、肌のターンオーバーが促進されるため、茶クマ改善も期待大です。

肌に成分がしっかりと留まり、内側から肌質を改善していくことで、一時的な効果ではなく長期間、しっかりと若々しい目元が続いていきます。

さらに値段も10gで1本あたり3,218円(税込)と、アイクリームとしては比較的リーズナブルとなっています。

コスパと性能のバランスが非常に良いクマ改善効果のあるアイクリームと、口コミを中心に話題となっている商品です。

https://www.eyekirara.com/pc/index.htm




青クマにおすすめのアイクリームはTREEの「目元とまつ毛のご褒美」


青クマの根本的な原因は血行不良のため、アイクリームだけで劇的に改善していくことは難しい部分もあります。

しかし、目元の皮膚にハリや厚みが出れば、青クマの原因である血管の透けが目立たなくなりますし、目元の血行を促してあげれば青クマも改善されていきます。

青クマに効果が期待できるアイクリームは「目元とまつ毛のご褒美」です。

目元の凝りの緩和と保湿にフォーカスした新発想アイクリームとなっており、マッサージしながら塗ることで、血流促進を行ってくれる成分がたっぷり含まれています。

これまでのアイクリームはシワなどに着目したものが多く、青クマ改善に効果が期待できるものはあまりありませんでした。

ですが、この「目元とまつ毛のご褒美」は、青クマを改善するためにおすすめの成分が含まれている商品となっており、注目を集めています。
また「目元とまつ毛のご褒美」という商品名からもわかる通り、このアイクリームはマツ育にも効果が期待できる商品です。

青クマができやすいのは若者が多いので、青クマケアと同時にマツ育もできるアイクリームというのはとてもありがたいと、その点でも人気を集めています。

価格は1本15g入りで3,996円(税込)と、比較的プチプラなのも嬉しいですよね。

http://tree-ec.com/1003/?gclid=Cj0KCQiA3dTQBRDnARIsAGKSflmhQmrVz9VAkPSJ71-tIkxlXH4Y-t1X-BuraH4CGEAKhRUFvwQJWegaAgyVEALw_wcB


日中のクマを隠すメイクアドバイス



アイクリームによる目元ケアでクマを改善していくことはもちろん大切ですが、残念ながら目元のケアは毎日じっくりと行っていくことで効果を発揮するものです。

使い始めてすぐにクマが消えた!とはならないので、アイクリームが効果を発揮するまで、クマは上手にメイクで隠していくようにしましょう。

クマ隠しにはコンシーラーが必須アイテム!


目元のクマを隠したいのであれば、必須アイテムなのがコンシーラーです。

ピンポイントで隠したい部分をカバーしてくれるコンシーラーは、ファンデーションよりもしっかりと肌に密着してくれる上にカバー力も高いため、クマを隠すためのメイクには欠かせません。

無理にファンデーションだけでクマを隠そうとすると、目元だけ厚塗りになってしまい不自然なメイクになってしまったり、また化粧崩れが起きやすい状態になってしまいます。

コンシーラーは厚塗りしない

目元のクマを隠そうとするあまり、どんどんコンシーラーを重ねてしまい、気が付いたら厚塗りに…クマ隠しメイクで多い失敗例の一つです。

厚塗りは不自然な印象になることはもちろんですが、化粧崩れの原因にもなります。

時間が経つにつれ、隠したいはずのクマが余計に目立ってしまうことも。

コンシーラーは厚塗りせずに、薄く塗るようにしましょう。自分のクマをカバーしやすい色味のもので塗ると、少量でも綺麗に消えますよ。

コンシーラーは指先で軽く乗せていく


ケアの時もそうですが、目の周りにアイクリームやコンシーラーを広げるように伸ばしていく人がいます。この塗り方、もし行っているのであればやめましょう。

目の周辺は皮膚がとても薄く、非常にデリケートです。指で塗り広げてしまうと摩擦が発生し、クマを悪化させてしまうことがあります。

コンシーラーは指先でポンポンと、軽く叩くようなイメージで優しく乗せていきましょう。


自分のクマをカバーしやすい色のコンシーラーを知る


黒クマ、茶クマ、青クマ…実はクマの種類によって、カバーしやすいコンシーラーの色味があります。

黒クマをカバーしやすいコンシーラー

実は一番コンシーラーでカバーしにくいのが黒クマだと言われています。

理由は、黒クマは色素沈着や血行不良によって肌の表面に発生するのではなく、肌のたるみやハリ不足によって発生する目元の影だからです。

要するにいくらコンシーラーを塗っても、影なので結局その上にまた黒クマが浮かんでしまうということですね。

ただし、完全にカバーすることはできなくても、わかりづらくすることはできます。

黒クマはあくまで顔にできている影なので、光を目の下に集めることで、クマ自体がわかりにくくなります。

黒クマの部分だけにコンシーラーを入れるのではなく、目頭や目尻の「くま」がない部分にもコンシーラーを入れて、目元全体を明るくしていくようにしましょう。

コンシーラーの色味は、肌より明るい、ベージュ系の色味がおすすめです。
またパールが配合されたコンシーラーを使いツヤ感を出してあげれば、黒クマの部分に明るさが出て、目立たなくなります。

茶クマをカバーしやすいコンシーラー

茶クマは色素沈着を起こしているクマであり、シミの一種になります。

なのでイエロー系のコンシーラーを使い、もともとの自分の肌の色に近づかせていくようにしましょう。

比較的はっきりとした黄色のコンシーラーと、オークルやベージュ系のファンデーションをうまくつかうことで、綺麗に隠すことができます。

クマ隠しというとついつい明るめのコンシーラーを選んでしまいがちですが、茶クマだと逆に目元だけメイクが浮いてしまう可能性があるので、気を付けてください。


青クマをカバーしやすいコンシーラー

血行不良が原因で、目の下の血管が透けて見えている状態の青クマには、オレンジ系のコンシーラーとベージュ系のコンシーラーを選んでください。

クマの部分をオレンジ系のコンシーラーで隠し、その周囲にベージュ系のコンシーラーを乗せ、この二つを馴染ませていくイメージですね。

ベージュ系のコンシーラーは、ファンデーションで代用しても大丈夫です。

青クマも茶クマと同様、メイクで比較的綺麗に隠れるクマになります。


クマの改善にはアイクリームによるケアが欠かせない!



顔を一気に老けた印象にしてしまう目元のクマ。

クマの種類や改善方法、おすすめのアイクリームなどをまとめて紹介してきました。

メイクなどによってある程度クマはカバーできますが、やはり根本的な解決にはアイクリームによるケアが欠かせません。

目元は顔の中でも一番年齢が出ると言われている場所なので、いつまでも若々しい目元でいるために、早いうちからアイクリームによるクマ対策をしておきたいですね。

当サイトのおすすめアイクリームは『ビーグレン トータルリペアアイセラム』です。

http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=795

たった1本で目元の6つの悩みにアプローチしてくれるというのは、とても魅力的ですよね。
ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSome®によって、美容成分が浸透しにくい目元に、しっかりと美容成分を届けてくれます。

アイクリームはもちろん、洗顔やローションなども入っている1週間のトライアルセット「目元ケア トライアルセット」があるのも嬉しいです。
トライアルの価格は1,944円(税込み)となっています。

http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=878

是非目元のクマにお悩みの方は、試してみてください。